ラグナロクオンラインで旦那の喘息が悪化

もう何年も前の話ですけど、当時流行っていたオンラインゲームのラグナロクオンラインに
旦那が会社の後輩に誘われたのをきっかけに私も始める事にしました。

初めてのオンラインゲームはわからない事だらけ。旦那は後輩と一緒に遊んで私をほっとく事が多かったので
いつも一人で遊んでいました。

ラグナロクオンラインのキャラクターに限らずオンラインゲームのキャラクターは大体見た目で
初心者なのがわかるようになっているんです。
いつも一人で遊んでる初心者の私にに優しく声かけてくれた人も結構多かったです。
なので毎日誰かしらに声をかけてもらい、色々教えてもらって楽しく遊んでいました。

そんな声かけてくれる人の中に私がリアルの生活を捨てるほどラグナロクオンラインにはまる
きっかけを作った人と出会ってしまったのです。

その人は仮にPさんとします。
Pさんは私にとても優しくするだけじゃなく可愛いとか会いたいとかいつも言いました。
私は自分がモテてると勘違いをしてとても良い気分になり、次第に大胆になって行きました。

初心者なのにもかかわらず難易度の高い場所に連れて行ってとねだったり、出会ったばかりの
Pさんの友人にもなれなれしくしたりと自分は人気者だと勘違いしてしまったのです。

今思えばPさんは、ただプレイヤーが女性であれば良いだけの人でした。
そして気が付けば私の周りには女性であれば良いという人ばかり集まっていました。
でも私はそれを自分がモテているからだと思っていましたし、なんでもいう事を聞いてくれる環境が
とても気持ちよくまさに女王様のような気分でした。

そんな自分中心なオンラインゲームの世界にどっぷりはまったので朝から寝るまでずっとゲームをやっていました。
掃除や料理など一切せずいつもお惣菜やジャンクフードですませ、家の中はほこりだらけでした。

旦那に怒られたりもしましたけど、旦那も仕事から帰ってきたら即ラグナロクオンラインやる生活だったので
お互いさまでしょう!と言えば引き下がってました。

そんな生活から1年後。
旦那が真っ赤な顔して倒れました。すぐにかかりつけの病院に行った所
ハウスダストと栄養が偏ってるせいで持病の喘息が悪化したり体が弱ってると言われました。

姑にはひどく叱られてしまい、旦那が退院したその日から同居となりました。
そして夫婦そろってオンラインゲーム禁止となりパソコンは知人に売り渡す事になりました。

現在はスマホでゲームをしていますが、PCゲームみたいに濃密なコミュニケーション取れないので
どっぷりはまる事はもうありません。